読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々揚げ足をとって生きていく

不定期に揚げ足をとっていきます

「人気の汚い言葉リスト」ってなんだよ?

gigazine.net

 手短に。

1つ目の研究は個人レベルの汚い言葉の分析が目的で、276人の男女に「一般的に人は悪い言葉を使っている」という事実を伝えた上で、「人気の汚い言葉リスト」から、それぞれの汚い言葉から連想する怒り・恥などの感情を答えてもらいました。

 妙なテストだな、と思って原文を読んだらぜんぜん違った。

In an effort to settle the debate, the researchers first studied individual profanity by asking 276 individuals to report how commonly they curse, list their favorite swear words, and explain what emotions they associate with swearing (like anger, embarrassment, or anxiety).
議論に決着をつけるために、研究者たちはまず個人レベルの口汚さを調査した。276人の個人に、彼らがどのくらいの頻度で悪態をつくかを報告するよう依頼し、また彼らのお気に入りの罵倒語を列挙してもらい、罵るという行為にどのような感情を結びつけているか(怒り、困惑、不安など)を説明してもらったのだ。

 素直に被験者を指すと考えればいいものを、わざわざこのtheyを不特定多数の「人々」の意味と解釈したせいで、原文にはない謎の手順(この研究者グループは“「一般的に人は悪い言葉を使っている」という事実を伝え”てなんかいない)が加わっているうえ、「人気の汚い言葉リスト」という謎のリストまで登場している。結果として、「自分にとって罵るという行為がどのような感情に結びついているかを説明してもらう」という最後のタスクの内容まで改変しているのだから、原文が伝えるべき意味をまったく伝えられていないと言うべきだろう。「全体の意味としては間違ってなくもないけど訳としては全然駄目」というのがGIGAZINEの平常運転だけど、これはひどい