読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々揚げ足をとって生きていく

不定期に揚げ足をとっていきます

ちゃんと会話聴いて訳してんの? 95歳でカムアウトしたゲイのおじいさん。

 GIGAZINE自体をあんまり読まなくなっていたのでいきおい、このブログも放置していた。しかしちょっと見過ごせないのがあった。くだけたインタヴューで、きちんと会話の流れを追っていればこんなミスしねえだろ、というものが…

gigazine.net

確かなことは私が世界を知りたいと思ったことです。

 これはケアレスっぽい。もとの言葉は“Certain things I wanted the world to know.”で、「私が世界に知っていてほしいと思ったたしかなことだったから」みたいなニュアンスか。墓まで持っていくわけにはいかない、って思ったんだろうね。

私ははっきりと家族に「生まれたときから私の人生はゲイだった」と話しました。私の全人生の中で起きた悲劇を伝えると、家族はなぜ私がカミングアウトしたいと思ったのか理解してくれました。なぜなら私は「私はゲイだ!」と言っただけなのですから。「いつから?どこで?どうして?」という質問はばかげています。90年以上秘密を抱え続けるということが想像できますか?

 ここは会話が断片的になっていて若干わかりづらいのだが、少なくともこの訳文ではひとつの段落のあいだで矛盾が起こってしまっている。「私の人生の悲劇をまるごと語ったのです」“I told them the whole tragedy of my life.”と言っているのに、「なぜなら私は「私はゲイだ!」と言っただけなのですから。」というのはちょっとおかしい。私はゲイだ、と言っただけでは済まなかったので、自分の人生について語った、と考えたほうがいいのではないだろうか。ただ、「私は生まれてこの方ゲイだった」という一言が「私の人生の悲劇まるごと」をあらわす率直な言葉で、あとは言わずとも家族は理解してくれた、ということかもしれない。それでも、“Because just to say, “I’m gay” - Blah!/That’s ridiculous/Why? Where? What?”という一連の言葉の流れは、「なぜ、どこで、なにを?を尋ねることは馬鹿げている」というよりも、「『私はゲイなんだ』、以上!というだけなのは馬鹿げている」のだと言っているように聞こえる。90年ものあいだ秘密を持ち続けた悲劇を一言で済ますなんてちょっと考え難いしね。

Davey Wavey: どんな男性がタイプですか?例えばマーロン・ブランドとか、ロナルド・レーガンとか?どんな人に似ていますか?

Roman: そういうのは気にしませんよ(笑)。あなたは顔つきを気にするかもしれませんが、私は顔ではなくハートを見るのです。

 えっ、と思ったのは、「あなたは顔つきを気にするかもしれませんが」の部分。「あなた見た目を気にするでしょう」“You care what he looks”と言っているのは画面外にいる女性らしき人物で、それにローマンさんは「いいや、私は気にしません」と答えている。ほんとは面食いなのを匂わせる笑えるやり取りだ。それが、全部ローマンさんの言葉になってしまっている。動画をまともに見ていたらこんな間違いはしないと思う。YouTubeの文字起こし機能で出てきた文章だけ見ているのではないか?

 まあ、ブログ名どおり、揚げ足取りもいいとこだけど、気になったので。