日々揚げ足をとって生きていく

不定期に揚げ足をとっていきます

小ネタ。ハリウッドの黄金時代っていつだ

gigazine.net

 キューブリックの撮影スタイルについて、↑の動画を参照した(モロパクりした)記事。最初にキューブリックのトレードマークとも言える手法を列挙するところで、“Symmetrical Framing(左右対称のフレーミング)”と言っているところを何故か“一点透視図法”と言っている。GIGAZINEで以前キューブリックフレーミングにおける透視図法の話を取り上げたからそれにひきずられているのかもしれないが、動画で言っていることはちゃんと正確に伝えようぜ。しかも、スクリーンショットにでかでかと書いてあるんだ、“Symmetrical Framing”って。これだと“Symmetrical Framing”の訳語が「一点透視図法」であるかのようになってしまうじゃないか。

 加えて、

キューブリックが映画作品の中にプラクティカル・ライティングを取り入れた初めての監督というわけではありませんが、ハリウッド黄金期の映画の中でプラティカル・ライティングが標準的な手法として用いられるようになったことに大きな功績があると、ムービーを制作したEntertain The Elkは語っています。

 ハリウッド黄金期って言ったらふつう1930年代から40年代のことを指すと思うのだが…… 少なくともキューブリックはその世代とはずれるだろう。対応すると思われる文は、

Kubrick wasn’t the first director to utilize practical lights in his films, but I believe he helps popularize the aesthetic. Up until that point the standard method of lighting during the Golden Age of Hollywood had been the three point system.

 訳すとすれば、

キューブリックはプラクティカル・ライトを用いた最初の監督ではないけれど、その美学を普及させるのに貢献したのは彼だと思う。それまでのハリウッド黄金期、標準的な照明の手法は三点システムだった。

 「大きな功績」とかまでは言ってないし、おそらく文の切れ目をきちんと理解していないせいで節ごとにどこがどうかかってるかがまるで訳せていない。以前の記事でも書いたけど、文字起こしだけ読んできちんと音声聴いてないんじゃないか?

 というか、記事の後半では「1960年代、ハリウッドの古典時代が終わりを迎え…」とか「キューブリックのような監督たちが、古典的なハリウッド映画に使われていた幻想的でロマンチックな撮影方法から脱却し…」とか書いているわけだし、「ハリウッド黄金期の映画の中でプラティカル・ライティングが標準的な手法として用いられるようになった」という文章は原文にあたらず記事だけを読んでも時系列的におかしいことはわかるはずだ。

 久しぶりにGIGAZINE読んだので、ちょっと更新してみました。いつもだいたい同じようなことばっか言ってるな…